旭化成ワッカーシリコーン株式会社 > 製品ラインナップ > 防振部品用ミラブルシリコーンゴム ELASTSIL® シリーズ

防振部品用シリコーンゴム 製品情報

防振部品用ミラブルシリコーンゴム ELASTOSIL® シリーズ

 

 ゴム部品は、その柔軟性、弾力性ゆえに、2つの硬い部品の間に挟まれて使用されます。その際に、ゴム部品に期待される役割のひとつは防振機能です。つまり、2つの部品の間に位置して、両者間の振動の伝達を抑制します。温度変化に強いシリコーンゴムは、自動車の防振部品のうち、耐熱性や耐寒性が求められるものに多く使用されています。Wacker Chemie AGのシリコーンゴムは既に、欧州車の防振部品には不可欠な存在となっています。

 

 

 

 

用途

 

マフラーハンガー

 エグゾーストマウントとも呼ばれます。シャシーの下で排気管および触媒とマフラーを吊り下げる役目を担います。排気管には、エンジンからの排気ガスの振動が直に伝わります。排気管の振動を車体へ伝達しないようにするのが、マフラーハンガーの主要な機能です。さらに、走行時には排気管などの揺れを抑える働きもあります。エンジンに近い排気管部分では200℃近い高温になるため、シリコーンゴムの耐熱性が必要になります。

 

 

 ダイナミックダンパー

 共振現象を利用して、対象となる部品の振動を吸収する部品で、金属のおもりとゴムで構成されます。共振現象を起こさせるため、固有振動数の調整が必要となります。シリコーンゴムは‐40℃でも柔軟性を保ち、また、温度によるバネ定数の変化が小さいため、低温から高温まで幅広い温度領域で機能するダイナミックダンパーを実現できます。

 

 

 

エンジンマウント

 エンジンを支え、かつ、エンジンから車体への振動伝達を抑制する部品です。シリコーンゴムは、シリコーンの本質的な柔軟性のため、低動倍率とすることができ、振動伝達の抑制という点で、天然ゴムやEPDMより優れています。エンジンルーム内の温度は上昇傾向にあるため、温度による物性変化や劣化が小さいという点でも、エンジンマウントに適しています。

 

 

 

 

 

 

シリコーンゴムの優位性

・シリコーンゴムは温度環境に拠らず、安定した性能を発揮する防振部品を実現します。

▶ シリコーンゴムは‐40℃という極寒の環境でも柔軟性を維持します。
▶ シリコーンゴムはEPDMに比較して、‐40℃から200℃までの広い温度範囲安定した動倍率と静バネ定数を示します。
▶ 150℃における機械的物性はEPDMと同等となります。(天然ゴムは150℃では短時間で劣化してしまうため、使用できません。)
▶ 優れた耐熱老化性により、高温における長期間の使用でも性能を維持します。

・高tanδと低動倍率という両極をカバーする製品ラインナップを取り揃えています。グレードのブレンドにより、所望の防振特性を有するシリコーンゴムを得ることができます。
・硬さに対する動倍率の依存性が小さく、バネ定数と動倍率の組み合わせに自由度があります。

 

 

elastz1.png

図1. シリコーン粘着剤のステンレス材への粘着力

 

 

 

elastz2.png

図2. シリコーンゴムの機械的特性の温度依存性(他材料との比較)

 

 

 

防振部品の特性と推奨グレード

 Wacker Chemie AG のミラブルシリコーンゴムは、機械特性に優れるため、防振部品の材料として好適です。防

振部品に必要な特性に応じて、異なるグレードをラインナップしております。

 

 防振部品の特性   材料特性   ELASTOSIL®シリコーンゴム 推奨グレード
 疲労耐久性  高引裂強さ   EL 4406, EL 4500, EL 4610
 バランス  中引裂強さ   R 401/40, R 401/50, R 401/60
 振動伝達抑制

 高反発弾性率 
 低動倍率

  R 101/35, R 101/45, R 101/65, EL 8402, EL 8502, EL 8602  

 

 

 

防振用シリコーンゴムの材料物性

 

項目

単位

中引裂グレード*1)

高引裂グレード*2))

グレード -

ELASTOSIL®
R 401/40

ELASTOSIL®
R 401/50

ELASTOSIL®
R 401/60

ELASTOSIL®
EL 4406

ELASTOSIL®
EL 4500

ELASTOSIL®
EL 4610

硬さ - 41 51 60 43 53 60 
引張強さ MPa 10.9 12.0 11.6 11.4 12.6 12.7 
伸び % 740 620 520 830 690 590

引裂強さ
(クレセント形)

kN/m 18 20 23 26 31 29

引裂強さ
(アングル形)

kN/m 20 24 27 24 27 32

反発弾性(ショブ式)

 % 62 63 65 65  59 63
動倍率4) - 1.72 1.80 1.67 1.80 1.97 1.85
 tanδ4)  0.12 0.11 0.10 0.11 0.12 0.11 
 圧縮永久ひずみ

(180℃22時間)

% 26 26 19 37 45 41

    

 

項目

単位

高反発グレー*1)

低圧縮永久ひずみグレード*3)

グレード -

ELASTOSIL®
R 101/35

ELASTOSIL®
R 101/45

ELASTOSIL®
R 101/65

ELASTOSIL®
EL 8402

ELASTOSIL®
EL 8502

ELASTOSIL®
EL 8602

硬さ - 36 46 65 43 53 62 
引張強さ MPa 8.7 9.4 8.5 9.0 9.5 10.6 
伸び % 710 570 200 440 360 360

引裂強さ
(クレセント形)

kN/m 11 13 9 9 9 12

引裂強さ
(アングル形)

kN/m 22 21 22 27 30 26 

反発弾性(ショブ式)

 % 70 69 75 77  70 60
動倍率4) - 1.43 1.44 1.36 1.23 1.44 1.70
 tanδ4)  0.07 0.07  0.08  0.06  0.09  0.11 
 圧縮永久ひずみ

(180℃22時間)

% 10  11 8  15 13 12 
 (上記値は代表値であり、出荷規格ではありません。)
 1)硬化剤 DS-3/1.8部、2)硬化剤 DS-8/0.8部、3)硬化剤 DS-8/0.5部、4)弊社測定法 圧縮率:10%、振幅:±0.5%、周波数:50Hz 測定条件:JIS K 6249、硬化条件:一次硬化 170℃10分、二次硬化 200℃4時間

 

 

 

硬化剤ペースト

 

 製品名   硬化剤成分 含有量  標準一次硬化条件 標準二次硬化条件  消防上法の区分
 DS-3 ジクミルパーオキサイド 40%  170℃ 10分  200℃ 4時間 非危険物
 DS-8 2,5-ジメチル-2,5-ジ(t-ブチルパーオキシ)ヘキサン 50%  170℃ 10分  200℃ 4時間 指定可燃物

可燃性固体類

 

【加工方法】
・二本ロールまたはニーダーにより、ミラブルシリコーンゴムコンパウンドを柔らかくなるまで練ります(可塑化)。
摩擦熱により、材料温度が40℃以上に上昇する際は、ロールやニーダーを結露しない程度に水冷します。
・硬化剤ペースト、顔料ペーストやその他の添加剤を添加し、均一になるまで混合します。
・所定の温度に加熱した金型のキャビティに材料を充填し加熱すると、硬化反応が進行し、シリコーンゴム成形品
となります(一次硬化)。
・強制循環式オーブン内にてシリコーンゴム成形品を加熱処理します(二次硬化)。
【保管上の注意】
・直射日光、雨水の当たらない冷暗所(40℃以下)に保管して下さい。
【安全性について】
・包括的な安全情報については、製品データシート(SDS)をご参照ください。
【消防法】
・指定可燃物 合成樹脂類

 

 

 

お問い合わせはこちら 

シリコーン活用辞典

banner_library.jpg

ipros_banner_1.jpg

旭化成グループ情報サイト